チャットでお部屋探しが出来るおすすめサイト!手軽に賃貸検索ができる口コミでも人気の賃貸情報サイトを比較ランキングでご紹介します!

賃貸情報サイトを使った部屋探しの基本&豆知識

賃貸情報サイトで部屋を比較する時には、どのようなポイントを参考にすればいいのかということを理解しておくことが大切です。

部屋探しでは住環境や賃料、あるいは交通環境などが重視されることが多いです。

しかし、賃貸情報サイトでは実際に周辺地域を映像で詳しく見ることが難しいことがあります。

そのため、別の視点から部屋探しの基本を知っておく必要があるのです。

 

住環境を確認する前に建物の構造をチェックしよう

賃貸情報サイトでは駅から徒歩でどの程度かかるのか、周辺に存在する交通情報など書かれていることがほとんどです。

これらの住環境を比較すれば、どのスポットが住みやすい地域なのかがある程度はわかります。

しかし、実際に暮らしてみて住環境がそれほど良くなかったと気付くことは珍しくありません。

なぜこのようなことになってしまうのでしょうか。

それは、建物そのものの構造を考慮に入れていないからです。

これは、部屋を探す時に初心者の人がやってしまう大きな過ちの一つだといえます。

賃貸情報サイトには、建築物の構造が必ず書かれています。

そして、それぞれの素材によって建築物に与える影響は全く異なるという特徴があります。

例えば、木造建築は湿気を吸収する役割がありますので部屋の空気が良くなるメリットが存在します。

反対に、火災や延焼に弱く、周辺の音を吸収しづらいというデメリットがあります。

仮に、静かな環境で暮らしたいと考えている場合にはこういった木造建築は避けるべきだということがわかります。

これは、鉄骨で建築されている物件も同様です。

特に、鉄骨物件はアパートなどでよく利用されていますので、これを知らずに騒音で住民同士トラブルになることもあり得ます。

反対に、鉄筋コンクリートは遮音性に優れているため周囲の音は聞こえづらいですが、湿気が溜まりやすい構造になることもあります。

確かに、周辺の環境を確認するのは大切ですが、実際にその部屋の中で暮らすことを考えるときには、まずその建物の構造そのものを把握することが大切なのです。

 

敷金と礼金の有無は必ず確認すること

賃貸で良い物件を借りて将来的に問題なく退室したいと考えている時には、敷金と礼金の知識は不可欠になります。

特に、賃貸情報サイトには必ず敷金と礼金の情報が存在しますので、見逃さないように注意をしなくてはいけません。

敷金は、原状回復を行うために必要になる保険のようなものです。

例えば、将来的に借りた部屋から退室をするときには、汚れてしまった部分や破損した部分の修繕を借りていた人物が行わなくてはいけません。

つまり、元の状態に戻して返さなくてはいけないわけです。

この時に利用できるのが、入居前に預けていた敷金というお金です。

敷金からお金を差し引くことによって、退室の時に余計なお金を支払わなくても済むようになります。

実際に、敷金0円の物件は見た目が良く見えるかもしれませんが、預けておかないと退室の時の原状回復で予想もしてなかったお金を請求される可能性もあります。

ですから、賃貸情報サイトを見て比較するときには、必ず敷金をどのように扱うのかを確認しておく必要があるわけです。

反対に、礼金に関してはない方が良いと言えます。

礼金には、敷金のような原状回復に関連する意味も存在しません。

つまり、単純に謝礼の意味しか存在しないのです。

部屋を貸してくれたお礼に貸主に対して礼金を支払うことになりますので、支払ったお金は敷金のように返還もされません。

そのため、賃貸情報サイトを見るときには礼金が存在しない部屋を探した方が得になることがわかります。

 

仲介業者を比較して余計な支出を避けよう

仲介業者の比較は、賃貸情報サイトを利用して部屋を探す時に見逃されてしまうポイントの1つです。

日本の賃貸借契約というのは特殊で、当人同士が直接的に顔をあわせて交渉を行うというスタイルをとっていません。

通常のショッピングでは、その店舗と購入した人がお金と商品のやり取りを行います。

しかし、不動産の賃貸借取引ではこういった当事者同士の間に、取引を仲介する人たちが介在するのです。

これを、仲介業者といいます。

賃貸情報サイトに掲載されている情報の大半は、この仲介業者が本来の不動産の所有者である貸主から依頼されて広告を掲載しています。

仲介業者は、円滑に取引を進めるために所有者の代わりに広告を作り、不動産を宣伝します。

そのため、不動産の直接的な取引はこの仲介業者を通して行うことになるわけです。

ここで注意をしなくてはならないのが、仲介業者を通して取引を行うときには、その仲介業者に対して手数料を支払わなくてはいけないことです。

これを、仲介手数料といいます。

仲介手数料は、法律的な規定によって上限が決められているものの、報酬を受け取る権利があると認められているものです。

ですから、仲介を行ったときには業者も料金を請求してきます。

この料金は、貸主との契約によって生じる賃料などとは別の料金であるため、無駄な支出になってしまう可能性があります。

そのため、賃貸情報サイトを利用するときにはこういった支出を避けるため、なるべく仲介手数料が小さい業者を探す必要があるのです。

そうすることで、最小限の支出で良い物件を探すことできるようになるでしょう。

 

サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!
第1位 イエプラ
第2位 エイブル
第3位 イエッティ
第5位 レオパレス
賃貸情報関連コラム