チャットでお部屋探しが出来るおすすめサイト!手軽に賃貸検索ができる口コミでも人気の賃貸情報サイトを比較ランキングでご紹介します!

角部屋に住む際のメリットとデメリット

賃貸物件は今の時代はかなり豊富に存在しており、マンションやアパートとなれば重視しておかなくてはならないのが、部屋の位置ではないでしょうか。

賃貸マンションやアパートで、各階の廊下の端にあったり、廊下が屈折している屈折部にあるものを角部屋と呼んでいます。

各階の廊下の端にある部屋は端部屋と呼ばれることもありますが、一般的には端部屋も合わせて呼ばれていることが大半です。

人気が高く競争率も高い傾向にあります、

角部屋の魅力や住むメリットについて

角部屋は日照が良く、隣室の騒音の影響を受けにくいなど様々な利点があるというイメージを持っている人が大半ですが、実際には他の部屋を借りるのとどの程度違いがあるのか気になるのではないでしょうか。

まず二方向以上に窓を設置できることにより、日当たりや風通しも良くなります。

まだが多く換気しやすいので、空気も綺麗になり衛生面でのメリットも大きいです。

開放感があるというのも角ならではの魅力ではないでしょうか。

階段やエレベーターからと最も遠い角ならば、玄関の前を他の部屋の住民が通らないという点も、住んでみると感じるメリットとなります。

物理的に中部屋よりも広く造られていることもあります。

隣接する部屋が片側からのみとなるので、生活音の影響が少なくて済むというのも魅力です。

こちら側からの生活音に対する気遣いも半減させることができます。

角部屋を選ぶデメリットについて

一昔前の角部屋は人気がなく売れ残る部屋となっており、その部屋の人気を出すために良いイメージを作り上げられたとも言われています。

その通り、デメリットもあるということは頭に置いておかなくてはなりません。

まず、人気が高くなったことにより、同じ階の通常の住戸よりも賃料が高いことが多いというのが、大きなデメリットではないでしょうか。

多少の金額の差であっても、長く住み続けるとなれば、金額の差は大きくなっていきます。

窓や外壁面が多いことにより、太陽光や外気の影響を受けやすいというのも、気をつけておかなくてはなりません。

造りによる違いもありますが、中部屋よりも基本的に、夏は暑く冬は寒くなるので、エアコンを使うことによる電気代が年間通して高くなりがちです。

隣の部屋の生活音が片側のみで済むというのは利点ですが、その分自動車の排気音や風の音といった、外からの騒音が気になるというケースも少なくはありません。

遮音性が低いということも、借りる前に理解しておくべきです。

一回となればセキュリティ面のことも考えておく必要があります。

角は空き巣に狙われやすい傾向にあるので、防犯対策が必須となってきます。

自ら対策するとなれば、その分費用もかさんでしまうというデメリットもあります。

注意しておくべきポイントや選び方

角ということによるメリットはもちろん、デメリットも理解しておき住むかどうかを決めるべきということは確かです。

しかしそれだけではなく、実際に賃貸物件に住んでいる住人がどのような人かという点や、治安の良し悪しも重要なチェックポイントとなることは確かです。

高級な賃貸物件となれば、その分角は賃料が高額になっていくのはもちろん、高級賃貸の角はお金持ちが住んでいるというイメージもあるので、空き巣に狙われやすくなってしまいます。

被害に遭わないためにも、セキュリティ対策がしっかりとされている物件を選ぶようにしなければなりません。

基本的に角の部屋は人気があるので、よほど良いタイミングでない限り、希望する物件条件で角の部屋が見つかることはないと考えておくべきです。

見つかりにくいはずにも関わらず、物件が出ていたり賃料が他の部屋も変わらないとなれば、何か大きなデメリットが潜んでいる可能性もあります。

必ず現地に足を運び部屋の中もチェックした上で、借りるに適しているのかを判断するようにしましょう。

物件を探す際には角の部屋に限ったことではありませんが、不動産業者など仲介してくれる先を利用することになるのではないでしょうか。

不動産業者探しは、良い物件に巡り合うことができるのかを左右する重要なポイントとなってきます。

角の部屋のメリットはもちろん、デメリットに関してもしっかり説明してくれるスタッフがいる業者を選んでおくと、より信頼できるのではないでしょうか。

 

角の部屋には様々なメリットがあり、良いというイメージを持っている人が大半です。

日当たりがよく風通しも良かったり、玄関の前を人が通ることがないという利点もあります。

隣の部屋の生活音も減りますが、上や下の階には住人が住んでいるので、中部屋と同じく上下からの音は防ぐことができなかったり、外気の影響により電気代がかさむ、そもそも賃料が高いといったデメリットも理解しておくことが必須です。

実際に部屋に足を運んでみて、利点と注意点を把握してから借りるべきかを判断することが重要ではないでしょうか。

サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!
第1位 イエプラ
第2位 エイブル
第3位 イエッティ
第5位 レオパレス
賃貸情報関連コラム