チャットでお部屋探しが出来るおすすめサイト!手軽に賃貸検索ができる口コミでも人気の賃貸情報サイトを比較ランキングでご紹介します!

住み心地重視派必見!デザイナーズマンション取り扱い数が多い賃貸情報サイトはある?

新しく暮らす賃貸物件を探す場合、ついついどの物件に暮らそうかと物件選びから始めてしまいがちです。

物件選びから始めるのも悪くはないのですが、納得できる住居選びを行う上で特に重要なのは最初に賃貸情報サイト選びを行うことと言っても過言ではありません。

 

賃貸物件を探す際にはまずは賃貸物件サイト選びが大切

なぜ賃貸情報サイト選びが肝心なのか言いますと、各情報サイトごとに掲載されている物件の件数や情報などが大きく異なるからです。

間取りや周辺の環境などが細かく掲載されている賃貸情報サイトもあれば、大雑把にしか物件を紹介していないサイトもあります。

つまり、閲覧するサイトによって自分が物件に対して抱くイメージに大きな差が生じることがあるのです。

あまりに雑な掲載だと役に立ちませんし、逆に誇張表現をしている場合も信用ができません。

必要な情報を客観的に掲載している賃貸情報サイトを見つけることが大切と考えられるのです。

また、自分の希望する物件が探しやすい検索機能や気になる物件を、一時的に登録しておくことができるお気に入り機能などが利用できる利便性の高い賃貸情報サイトを選ぶことも重要です。

例えば、自分が暮らそうとしている地域ごとや家賃の価格帯、部屋の間取りや広さなどの複数の条件をかけ合わせて検索できる機能が備わっていれば、短時間で理想とする物件に出会える可能性は高まりますし、気に入った物件をお気に入りに登録しておければ他の気になる物件との比較がしやすくなり、実際に部屋の下見などに行く際に不動産会社に見学したい物件をスムーズに伝えることが可能となります。

デザイナーズマンションに暮らすメリットは

ひとえに住居物件と言っても様々な種類があるのですが、年齢や性別に関係なくおすすめできるのがデザイナーズマンションになります。

デザイナーズマンションには具体的にどのような特徴があり、暮らすことでどのようなメリットが得られるのでしょうか。

デザイナーズマンションは一流のデザイナーや建築士があるコンセプトを元にデザインしたマンションのことをいい、大量に生産されたマンションとは違ってオーダーメイドであるため、お洒落さやオリジナリティがある点に大きな特徴があります。

一般的なマンションのようにどの部屋も似たような間取りになっているのではなく、個性的でデザインが高いので人と違う部屋に住みたいと考える人やお洒落な人には特におすすめできます。

肝心の住み心地についですが、コンクリートが打ちっぱなしの壁である部屋が多いため遮音性能に優れている点や天井が高かったり、余分な収納スペースなどがないために開放的である点を評価する人が多くおり、また近隣住民には人柄の良い人が住んでいるケースが多く、非常に住み心地が良いと感じる人も大勢います。

またインテリアに拘れることから自分にとって住み心地のよいオリジナルの空間を作りやすい点もデザイナーズマンションの大きなメリットが考えられます。

デザイナーズマンションは収納スペースなどはあまり広くありませんが、その分部屋を有効に活用できますし、あまり物を持たないシンプルな生活をしたいと考える人にも向いている物件と考えられます。これから初めて一人暮らしをする物が少ない人にもおすすめできます。

デザイナーズマンションの取り扱いが多い賃貸情報サイトの探し方

デザイナーズマンションに暮らしたいと思った場合、納得できる物件に出会うためにはデザイナーズマンションを多数取り扱っている賃貸情報サイトを見つけることが肝心です。

具体的にはデザイナーズマンションの取り扱いが多い賃貸情報サイトはどのようにして見つければよいのでしょうか。

最も手軽で手堅い方法が大手の賃貸情報サイトにアクセスをして、デザイナーズマンションと入力して検索をしたり、絞り込み検索をする際に「こだわり物件」などのチェックボックスにチェックをして検索することになります。

そもそもデザイナーズマンション一般的なマンションと比較すると物件の絶対数が少ないですし、情報掲載している賃貸情報サイトも少ないのですが、大手であればほぼ間違いなくデザイナーズマンションの掲載がありますし、特に絞り込み検索の項目に「こだわり物件」や「デザイナーズ物件」などの表示があれば複数のデザイナーズマンションの情報掲載があると考えて差し支えありません。まずは大手の情報掲載サイトを何社か利用してみるのが有効と考えられます。

また賃貸情報サイトの中にはお洒落物件や高級物件などの取り扱いに特化したサイトも存在します。

これらのサイトではナチュラルな雰囲気の物件やシャープな雰囲気の物件などを取り扱っていることが多く、取り扱っている物件の雰囲気がそのままサイトのトップページのイメージと合致しているケースが多くみられます。デザイナーズ物件に特化したサイトを利用する際には、最初にサイトのトップページの雰囲気が自分に合っているかどうかを確認することが大切です。