チャットでお部屋探しが出来るおすすめサイト!手軽に賃貸検索ができる口コミでも人気の賃貸情報サイトを比較ランキングでご紹介します!

保証人不要で契約したい人におすすめ!賃貸情報サイトでの物件の検索方法

近年、保証人不要の賃貸物件が増えています。これは、以前には存在しなかった家賃保証代行会社が数多く登場してきたことによるものです。家主からしても、入居者の連帯保証人の個人保証よりも、家賃保証代行会社の保証のほうが好ましいのは言うまでもありません。

契約の際に、連帯保証人と家賃保証会社利用の両方を求める家主もいますが、現在は空き室が増えて借り手市場になっていますので、家賃保証会社利用だけで済む物件も多いです。

保証人不要の物件を賃貸情報サイトで探す

インターネットの賃貸情報サイトを利用すれば、保証人不要の物件を絞り込むことも簡単にできます。探し方は簡単です。検索サイトで「保証人不要の物件」といった語句を入力すると、保証人が不要の物件をまとめて紹介する賃貸情報サイトがいくつも表示されます。そうした中からいくつかの賃貸情報サイトをクリックし、そこから希望の地域を選択しましょう。賃貸情報サイトによって、サイト内の検索方法はまちまちですが、どこもわかりやすく探せる仕様になっています。

保証人不要の物件がいくつか表示されたら、各物件を個別に見ていきます。たいてい、詳細情報の中に、保証人代行会社利用必須といった説明がなされているはずです。保証人代行会社利用料も掲載されています。利用料は決して高くはありません。連帯保証人を個人的に依頼するよりも、ずっと楽な方法であると言えます。もちろん、保証人代行会社を利用するのにも条件はあります。ただ本人に定収入があれば、まず大丈夫となっています。

保証人不要の物件はかなりの数に

以前は賃貸住宅不足が続いていましたから貸し手市場であり、保証人不要の物件というのはまずありませんでした。家賃保証会社というのもありませんでした。しかし現在は賃貸物件の空室率が増え、家族形態も変わったことから、保証人必須では借り手がつかないことも増えてきています。定収入があっても、連帯保証人を誰にも依頼できないケースというのは珍しくありません。

以前なら、空室はそのうち埋まるものでしたが、現在は賃貸物件の空室率が増加の一途をたどっています。戦後初めて日本の人口は減少に転じましたから、これまでとは様相がまったく異なってきています。人口が減少に転じるというのは、戦時中を除けばなかった前代未聞の事態です。住宅不足が続いていた頃の状況が変わらず続くというイメージを払拭するのは容易なことではありません。

しかし、人口減少によって当然ながらやってくる「住宅余り」の事態に、いち早く対応し始めた家主もいます。家賃保証会社も次々と登場し、家主も入居者との契約で、保証人不要としやすくなりました。むしろ個人保証となる連帯保証人よりも、家賃保証会社を利用してほしいと考える家主も増えています。連帯保証人を頼めないことは、もはや賃貸住宅を借りる際にハンデではなくなりつつあります。家賃保証会社を利用するには、家賃保証会社に利用料金を支払う必要はありますが、その料金はリーズナブルなものです。

保証人不要でも家賃保障会社の利用が必須

保証人不要の物件はかなりの数になってきており、賃貸情報サイトでも、保証人不要の物件だけを掲載するウェブページをつくるようになっています。賃貸情報サイトで物件の絞り込みをする際に、地域と家賃などを入力して検索し、その後に表示された物件の数々の1件1件をクリックし詳細条件を見て、保証人不要の物件かどうかを判断しなくて済むのでたいへん便利です。

保証人不要の物件では、家賃保証会社の利用が契約の際に必須となっています。家賃保証会社は、利用料金さえ支払えば誰でも利用できるというものではありません。家賃保証会社の審査に通らなければ、利用できません。審査基準は、家賃保証会社によってまちまちです。一般的には定収入があって、収入から十分払える家賃であり、電話連絡が必ずできる入居者であれば、審査には通ることが多いようです。ただし過去に家賃保証会社に家賃を肩代わりしてもらっている場合は、通りづらくはなります。

連帯保証人を依頼できない場合は賃貸住宅に住めない、と諦めてしまっている人は今も多いですが、状況は変わってきています。今や保証人不要の物件は、専用のウェブページを用意するほど増えている状況です。たいていの家主にとっても、保証人より家賃保証会社のほうが望ましいわけですから、今後はますます数が増えていくことでしょう。入居者のほとんどにとっても、月額数千円程度支払うことで連帯保証人を頼まなくて済むなら、そのほうが楽だと感じるでしょう。