チャットでお部屋探しが出来るおすすめサイト!手軽に賃貸検索ができる口コミでも人気の賃貸情報サイトを比較ランキングでご紹介します!

賃貸に住む際の初期費用はどれくらいになる?

賃貸物件に住むためには家賃以外に初期費用が掛かります。

最近では敷金・礼金ゼロ物件なども増えてきていますので、物件によって費用にバラつきがあります。

実際に物件探しを行う前に初期費用には何が含まれるのか、どれくらいの費用がかかるのかなどの知識を頭に入れておくと良いでしょう。

大きな割合を占めるが敷金や礼金または保証金

仲介業者を介して賃貸物件を契約するのが一般的だと認識されていますが、中には直接大家さんと契約を結んだり管理会社と契約をするケースもあります。

また、不動産業者によっても初期費用に掛かる費用の項目が若干異なりますので、物件探しを行う際には必ず入居前にどれくらいの費用が掛かるのかを確認しておくことが大切でしょう。

まず大きな割合を占めるのが、敷金や礼金、または保証金です。

敷金とはそもそも契約上の債務の担保を担うものとされており、退去時に返還義務が生じます。

退去時に現状修復やクリーニングに掛かる費用は基本的にこの敷金から相殺されるので、最終的には差額を受け取る形になるのが一般的です。

敷金については地域によっても相場が異なりますが、大体家賃の1か月から3か月分と考えておいてください。

ペット可能な物件の場合は更にプラス1か月分程度上乗せされるケースが多いので、その分入居前に発生する費用が通常よりも掛かると認識しておきましょう。

礼金は読んで字の如くお礼のお金です。

貸主へのお礼金ですので返還されることはありません。

相場費用は家賃の約1か月から2か月程度です。

主に関西地方などでは敷金・礼金という項目ではなく保証金として一括りにしていることが多いのですが、保証金の場合も敷金と似たような意味合いです。

最終的には敷引きで返還されるのですが、礼金の意味合いも含めているので戻ってこないこともあると考えておいた方が良いかもしれません。

保証金の相場費用は家賃の3か月から5か月程度です。

敷金や保証金に関しては大家さんと交渉次第では値下げしてもらえることもあります。

何故ならば最終的に借主に返還する費用でもあるからです。

家賃の金額は問題ないけれども、初期に掛かる費用が痛い、そんなときは是非交渉してみてください。

意外と掛かる諸費用の内訳とは?

初期費用の中でも大きな割合を占めるのが敷金や礼金、そして保証金なのですが、それ以外にも諸費用が発生するのが一般的です。

その諸費用とは何かをひとつずつ見ていきましょう。

まずは仲介手数料です。

相場としては家賃の0.5か月から1か月分程度です。

大家さんに支払う金額ではなく仲介業者に支払う手数料ですので、仲介業者を介して物件探しを行う場合は必ず発生すると考えて良いかもしれません。

そして、仲介業者によっては様々なオプションを付加してくるケースもありますから注意が必要です。

入居前の消臭や殺菌などのクリーニング料が追加されることもあるので、初期費用の項目に入っている場合は確認してみてください。

義務ではなく任意のものがほとんどですので、初期費用を下げたいのならば余計なオプションは省きましょう。

その他にも鍵交換費用が大体2万円前後、住宅保険も2年更新型で1万円から3万円程度掛かります。

月をまたぐ契約の場合は前家賃が発生するのでその点に関しても計算して入居したほうが良いかもしれません。

このように、初期費用として発生する項目は意外とたくさんありますから、引越しをする際には数十万円掛かることが多いのです。

初期費用を抑えたい人のアドバイス

金銭的余裕ができた時に引越しするのが一番ですが、仕事や家庭の事情でどうしても引越ししなければならないケースもあります。

そんなときは敷金や礼金が掛からないゼロ物件を中心にリサーチすることをおすすめします。

敷金と礼金がないだけでも半分程度に抑えることができるでしょう。

家賃の支払いは問題ないけれども、初期費用の支払いが厳しい、と悩んでいる人にもおすすめの形です。

ゼロ物件を契約する際には注意しなければならないことがあり、それは退去時についてです。

退去の際には原状回復が必須になりますのでどうしても費用が掛かります。

敷金を最初に支払っている場合は敷金から相殺されるので別途で支払う必要がないことが多いのですが、敷金を初期に支払っていないとなると退去時にクリーニング費用が発生します。

ですから、契約の際に退去時のクリーニング費用としてどれくらい掛かるのかは必ず確認しておきましょう。

予想している以上に費用が掛かることも珍しくありません。

そうなるとトラブルの原因にもなり兼ねませんから、退去時に支払う金額についても入居前に確認が必須です。

 

賃貸物件を契約する際には様々な費用が掛かります。

毎月支払う家賃以外に入居前にはまとまった費用が発生するということを認識しておきましょう。

初期費用に関しては一律ではなく物件によって差が出ます。

交渉次第では初期費用を抑えることができるケースもありますので、できるだけ費用を抑えたいと考えているのならば契約前に交渉してみると良いかもしれません。

サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!
第1位 イエプラ
第2位 エイブル
第3位 イエッティ
第5位 レオパレス
賃貸情報関連コラム