チャットでお部屋探しが出来るおすすめサイト!手軽に賃貸検索ができる口コミでも人気の賃貸情報サイトを比較ランキングでご紹介します!

周辺情報から物件を探せる?賃貸情報サイトを利用した調べ方

賃貸物件を探す際には、周辺情報も大いに気になるものです。買い物や通院のしやすさから住む場所を選ぶ必要があるケースも少なくないでしょう。

賃貸情報サイトを利用すると、周辺情報での絞り込みが簡単にできます。調べ方は各賃貸情報サイトごとに異なりますが、どこも調べ方が一目瞭然で分かるような仕様になっています。

周辺情報で絞り込みができる賃貸情報サイトも

どこの賃貸情報サイトを利用すればいいか迷う場合は、検索サイトで検索窓に「コンビニの近くの物件」「病院の近くの物件」「小中学校の近くの物件」といったように入力して探すと、そうした調べ方が可能な賃貸情報サイトがいくつも表示されます。その中からいくつかを選び出してサイトを開き、希望する周辺条件に合う物件を探していくのが効率的です。

中には、「駅徒歩5分以内」という条件のボタンが既にあり、そこをクリックすると日本地図が現れ、そこから地域を絞り込むシステムになっている賃貸情報サイトもあります。そこからはどの地域を調べるとしても、「駅徒歩5分以内」の物件のみが表示されるので、たいへん便利です。

家賃と地域から物件を絞り込むという調べ方が一般的ではありますが、最優先事項が周辺情報である場合も多いでしょう。そうした場合は、周辺情報でまず絞り込みをするのがおすすめです。絞り込み可能な周辺条件は、賃貸情報サイトによってまちまちです。そのためまずは検索サイトで語句検索をし、その結果表示される賃貸情報サイトを活用していくというのが効率的な方法となります。

最初の周辺条件指定の絞り込みは

賃貸情報サイトは数多く存在しており、周辺条件での絞り込み方法も、絞り込みが可能な周辺条件もまちまちですので、まずは検索サイトで周辺条件を指定しての絞り込みをするのがおすすめです。例えば「病院近くの賃貸」という語句を検索サイトの検索窓に入力すると、病院に近い、という周辺条件で絞り込みが可能な賃貸情報サイトがいくつも表示されます。そこから利用する賃貸情報サイトを選んでいきましょう。ひとつのサイトに決めず、まずはいくつか使ってみるのがおすすめです。

この調べ方だと、どこの賃貸情報サイトをクリックしてもそれ以降に表示されるのは病院に近い物件だけとなります。そのあとに地域の選択をしていくことになります。地域や家賃および間取りで絞り込んでから各物件をクリックし、病院が近くにあるかどうかを見て行くとたいへん手間がかかりますから、その方法で病院から近い物件を探すというのは非効率的です。最優先の周辺情報がある場合は、まず周辺情報で絞り込みをするとスムーズに探せます。

どこの賃貸情報サイトでも病院に近い物件という条件での絞り込みができるわけではないので、絞り込み可能な賃貸情報サイトを探すのがまず第一となります。探すのは簡単です。検索サイトで「賃貸」という語句と周辺条件を一緒に検索窓に入力すると、その条件での絞り込み可能な賃貸情報サイトが表示されます。使い慣れた賃貸情報サイトであっても、最優先とする周辺条件での絞り込みができない場合もあります。そうなると、1件1件見て行くことにもなりかねませんから注意が必要です。

絞り込みがしやすい周辺条件なら

周辺情報と言ってもいろいろあり、入居者から優先項目とされやすい条件なら絞り込みが可能なことが多いです。例えばコンビニの近く、病院の近く、小中学校の近くなどいった条件なら絞り込みが可能な賃貸情報サイトが存在します。一方で、買い物が便利という条件だとなかなか難しいようです。駅に近ければ、たいてい買い物の便も良くなるためかもしれません。自分が優先事項とする周辺情報で絞り込みが可能かどうかは、検索サイトで調べられます。検索窓にその語句を入力して表示される結果を見れば、すぐ分かることでしょう。

コンビニではなくスーパーマーケットが近い物件を探したいという場合は、地域や家賃、間取りであらかじめ絞り込みをしてから、地図などを参考にしてスーパーマーケットの位置を確認し、更なる絞り込みをするという方法になります。地図でスーパーマーケットの存在を把握するのが難しい場合は、1件1件の詳細情報を見て行くという方法になるでしょう。この方法は時間がかかりますが、意外な詳細情報も入手できる可能性があり、掘り出し物件が見つかる場合もあります。

インターネットがなかった当時は、賃貸物件探しはたいへん難しく、妥協して早く決めざるを得ない例も多々ありました。一方、インターネットが普及した現在は違います。物件検索の方法も日進月歩で改善されてきており、周辺情報からの絞り込みまで可能となってきています。誰にでも利用可能となっているこうしたせっかくの機会を、ぜひともフル活用したいものです。