チャットでお部屋探しが出来るおすすめサイト!手軽に賃貸検索ができる口コミでも人気の賃貸情報サイトを比較ランキングでご紹介します!

賃貸に住む前に準備しておくべきこととは?

はじめて賃貸物件を借りる時、何をしたらいいのか・何を用意する必要があるのか分からないという方は少なくありません。

現実を考えずに理想だけで部屋を借ると、いざ住んでみてからストレスに感じることが出てくる可能性があります。

スレスを溜めない満足いく生活拠点を確保するためにはまず準備からきちんと行うようにしましょう。

お部屋探しは情報サイトを活用しよう

賃貸を借りる時不動産会社に行って物件を紹介してもらうのが一般的な流れですが、今はインターネットからでもお部屋探しができます。

不動産会社を自分の足で探す必要がないし、何件も物件見学に周る必要もありません。
労力をかけて良い部屋が見つかればまだいいですが、実は先約が入っていてせっかく見学に行ったのにすぐに他の人に決まってしまったなんてこともあります。

こうした問題を解消できるのが賃貸情報サイトです。
ネット上での物件探しはもちろん、賃貸情報が多く掲載されているので事前に情報をゲットすることで住みやすい部屋探しの参考にすることもできます。

情報サイト自体は複数あり、それぞれ特色が変わるので自分に合うサイトを選んでみるといいでしょう。

中には最初から最後までチャットでのやりとりで部屋探しできたり、様々な条件を入力することで絞り込み検索ができたり、希望条件からAIがお部屋を提案してくれたりと様々です。

最近は不動産会社と直接やりとりをするのが嫌だという声も少なくありません。
希望を伝えているのに不動産会社がおすすめしたい物件を紹介してきたり、条件から外れた物件を紹介してきたりということがあるためです。

その点、チャットなら希望に合わない場合は拒否しやすいですし、顔も知らない相手なので気に入らない場合は断りやすいという利点があります。

サイトの利用自体は無料物件の契約時に仲介手数料が発生するだけなので気軽に利用することができるでしょう。

部屋を借りるためにかかるお金は?

「こんな部屋に住みたい」という希望は持っていても、金銭的に自分に見合った部屋でないと住み続けることはできません。

部屋を借りたら毎月家賃が発生することは知られていますが、家賃とは別に借りる前に発生するお金もあります。
いわゆる初期費用と呼ばれるお金ですが、これには敷金礼金仲介手数料があります。

礼金入居時に大家さんに払うお金で一時金ともいい、部屋を貸してくれたことに対する謝礼です。

敷金は保証金ともいい、退去時の部屋の修繕未払いの家賃などに充てられますが、使われなかった敷金は借主に返還されます。最近では礼金の必要性が感じられないということで礼金なしの物件も増えてきていますが、これは大家さんの考え方次第でしょう。

また、敷金なしという物件もありますが、退去時に部屋の修繕が必要な場合はいずれにしても請求されます
事前に払って余った分を返還してもらうか、後で必要に応じた額を払うかの違いです。
ただ、返還するしないのトラブルも少なくはないので、敷金なしの方が良いという声もあります。

仲介手数料物件紹介を仲介してくれた不動産会社に払うお金で、一般的に初期費用は家賃の4か月分ほどがかかるとされているので、払える金額の範囲で探さなくてはいけません。

入居前にしておかなくてはいけないこと

部屋が決まったら入居日を決めて引越しをしますが、しかし、その前にやっておかなくてはならないことがいくつかあるので注意しましょう。

中でも重要なのは電気・ガス・水道の開栓手続きです。
遅くとも引越しの2~3日前に電力会社、ガス会社、水道会社に電話して開栓をお願いしますが、ガス開栓は立ち会いが必要なので立会時間も決めておかなくてはいけません。

そのほかに市区役所で転居等の手続き郵便局で転居届の提出をします。

また、人によって銀行保険携帯電話インターネット回線、ネットサイト等での住所の変更なども必要になってくるでしょう。

なお、案外見落としがちなところではカーテンや照明の購入があります。
事前にカーテンを購入しておかなかったため部屋の中が丸見え状態だった、照明器具が付属していなかったので真っ暗に、なんてことにもなり兼ねません。

近所への挨拶に関しては、最近は必ずしもする必要はないと考えられています。
特に女性の一人暮らしの場合は防犯上の問題もあるので、挨拶に行くこと自体おすすめされていません。

 

お部屋探しの第一歩は一にも二にも情報収集が大切です。
インターネットサイトなら雑誌に比べて圧倒的に情報が多いですし、何より便利なのがネットで希望条件を絞り込み物件検索ができるという点です。
そこには部屋の間取りはもちろん、駅からの所要時間や距離、初期費用なども掲載されています。

今では約8割の方がネットで物件探しをしていると言われている時代です。
希望が多いほど物件探しは骨が折れますが、インターネットなら効率よく見つけることが期待できるでしょう。