チャットでお部屋探しが出来るおすすめサイト!手軽に賃貸検索ができる口コミでも人気の賃貸情報サイトを比較ランキングでご紹介します!

防音対策は実際に賃貸を見に行って確認しよう

賃貸物件を探すにあたって、様々な希望条件があると思いますが、特に多いのが「防音」です。

上の階の人の足音が気になる、隣の階の人の話し声が聞こえて眠れないなど近隣トラブルで一番多いのが騒音です。

また、自身が楽器を演奏したい場合や自分の足音などで下の階の人に迷惑にならないようにしたいなどの要望もあります。

このようなトラブルを回避するためにも、物件探しの際には防音対策がなされているかを自分の目で見て確かめる必要があります。

まずは住宅の構造を理解しましょう

一般的な集合住宅にはいくつか構造の種類があります。
木造住宅鉄骨造鉄筋コンクリート鉄骨鉄筋コンクリートです。

足音や振動に対してはどの構造も大差はないとされていますが、遮音性に関しては鉄骨造の方が高く、なかでも壁にALCと言う発泡性の軽量コンクリートが入っている方が良いと言われています。

鉄筋コンクリートはRCと呼び、鉄骨鉄筋コンクリートはSRCと呼びます。
RC・SRCはともに壁・柱・床・梁が全て鉄筋コンクリートで作られているものを指し、大規模なマンションの場合は鉄骨の周りを鉄筋コンクリートで強化したSRC構造で作られています。

どちらも防音性能には変わりはなく、扉の開閉など普段の生活音はほとんど響きません。
また、RC構造でも柱と梁で建物を支えているラーメン構造の物件は少々隣人の生活音が聞こえてしまうケースがあります。

そのため、防音性のより高い物件を希望している場合は壁と床だけで建物を支えて柱がない壁式構造のRCマンションなどを選ぶと良いといえます。

この壁式構造はコンクリートの厚い壁でできているのでその分遮音性が高くなります。
これらの特徴を踏まえた上で物件を探すと良いでしょう。

内見へ行ってしっかり確認しましょう

構造を知り、インターネットやチラシなどで気になる物件を見つけたら必ず現地へ足を運んで確認することが大切です。
どんなに生活音が響かない構造であっても、施工方法で変わってくる場合があります。

特にコストを下げたRC構造の場合は防音性が落ちる可能性がありますし、木造でも断熱材などで壁が分厚い場合は近隣の生活音は気にならず、RC構造よりも良いこともあります。

さらに自身が気に入った物件の間取りだけではなく、隣接する部屋の間取りを確認することも重要になってきます。
これによって遮音性が大きく変わってくることがあります。

隣接している壁が互いのクローゼットなど収納部屋になっているとそれが分厚い壁となるのでさらに防音性が発揮されます。
これらは不動産会社にお願いして確認させてもらいましょう。

これ以外にも、上の階や隣の生活音が気になる場合は、最上階の角部屋にこだわるのもおすすめです。

また、駅や線路の近くでは二重サッシになっていることもあるので、これもポイントです。

どんなに設備が備わっていても、近くを電車が走っていて窓からの騒音が遮断できていなければ意味がありません。
このように構造だけではわからない部分があるので現地へ行って建物の外観や間取り、壁が厚いかなど自分の目で見て確認することが大切です。

さらに防音性を高めるチェックポイント

以上のように現地で間取りや構造を確認したら、実際に部屋の四方の壁を軽くこんこんと叩いてみましょう。
軽い音がして裏側に響くような音がした場合は、防音性の低い石膏ボードでできた壁の可能性が高いと言えます。

硬く詰まったような音の場合はコンクリートでできている壁なので、この音を判断材料にすると良いです。
また、部屋の真ん中で手を叩いてみてその音が外部に抜けるような響きが返らない状態は防音性が低いです。

は必ず開け閉めして外の音がどの程度遮断できているか確認することが重要です。

これらをチェックしながら、自身がどの程度の騒音や生活音を許容できるかを踏まえて選んでいくと良いでしょう。

住んでみてから騒音に悩まされないように、気に入った物件が見つかったら平日や休日、夜など時間帯を変えて何度か内見をさせてもらい同様のチェックをするとより良いといえます。

このように、鉄骨造だから大丈夫など構造だけでは判断できないことがわかりました。
「楽器可」と書かれているから部屋から音が漏れないわけではありません。

また、遮音性のカーテンを使用したり振動を吸収してくれるマットを敷く隣の住居と隣接する壁に家具やテレビを置くなどすると防音効果が期待できます。

近隣との騒音トラブルを避けるためにも、テレビや音楽のボリュームに配慮すしたり、大きな足音を立てて歩かないなどの配慮をして快適に生活したいですね。