チャットでお部屋探しが出来るおすすめサイト!手軽に賃貸検索ができる口コミでも人気の賃貸情報サイトを比較ランキングでご紹介します!

賃貸情報サイトでデザイナーズマンションを探す

近年は、マンションでも普通の見た目のマンションではなくデザイナーズマンションが流行しています。

デザイナーズマンションが流行した背景としては、ほかの住宅とは違った個性的な住宅に住みたいと考えている人が多くなったこと、そして住むことに対してお金をかけたいと考える人が増えたからです。

では、このような物件はどのように探したらよいのでしょうか。

 

複数の賃貸情報サイトで閲覧することから始める

デザイナーズマンションを見つけるためには賃貸情報サイトで探すのが一番手っ取り早い方法になります。

賃貸情報サイトにもさまざまなものがありますが、最近は昔に比べるとデザイナーズマンションを扱う賃貸情報サイトが増えてきていますので、それだけ市民権を得てきたとも言えるでしょう。

ただ、どのような賃貸情報サイトを選んだらよいのかなかなか判断するのが難しいところです。

基本的に、大抵の物件に関してはどこのサイトでも同じように扱われています。

これは、マンションを貸す立場になればわかりますが、わざわざ一つの不動産会社に任せるよりも複数の不動産会社に任せた方がより多くの人に見てもらえるからです。

そのため、特定の情報サイトで見たマンションが別の情報サイトにも出てくるようなことも決して珍しくはありません。

その一方で、特定の賃貸情報サイトにしか出てこないような物件が存在するのも事実です。

特定のサイトでしか扱っていない物件情報は、様々な賃貸情報サイトを閲覧してみないとなかなかわかりません。

まずは大手のところから探してみることを始めるのがよいでしょう。

ある程度大手のところで見たならば、次は小さな不動産情報サイトで見てみると、大手のところでは扱っていないような物件が載っている可能性があります。

サイトを閲覧する場合には、更新される曜日を覚えておくとよいかもしれません。

物件は、日々移り変わっていきますので、毎週どのサイトが何曜日に更新されるか覚えておくことで新着の賃借物件を見逃すことが大幅に減ります。

 

検索のしやすさから判断することも大事になる

不動産情報サイトを見る場合には検索のしやすさから選んでみてもよいでしょう。

情報サイトによっては、自分にとって検索がしやすいと感じる場合と検索がしにくいと感じる場合があります。

これは実際に利用してみて肌で感じるしかありません。

例えば、デザイナーズマンションを見つけるときに最初に行う手順としては地域を絞り込むことです。

地域を絞り込むことで、自分が借りようと考えている地域にどれだけの数の物件が存在するのかが一目瞭然でわかるからです。

地域を絞り込みする場合には、例えば東京ならば23区の中央区として絞り込むこともできますが、別のサイトを見ると中央区の詳しい町名まで絞ることができるようなこともあります。

もし、漠然と中央区に住みたいならば前者の場合でも全く問題ありません。

むしろ前者の方が一気に情報を閲覧することができるため便利です。

ところが、同じ中央区の中でも特定の町に住みたいと考えている場合には、細かく絞り込むことができるサイトを閲覧することでより瞬時に情報を判断することができるわけです。

もし、細かく絞り込んだところに気に入ったデザイナーズマンションがなければ、さらにカメラを引くような感じでも少し地域を広げてみるなど柔軟な対応をすることで効率的に情報を閲覧することが可能になります。

後は、料金設定なども明確に定めておく必要があります。

大抵の不動産賃貸サイトでは料金設定があらかじめできるようになっていますので、絞り込みをする場合に便利です。

 

多彩な探し方をしてより理想的なところを見つけよう

デザイナーズマンションの賃貸情報サイトを見る場合には様々な角度から検索をすることでより理想とするマンションを見つけることが可能になります。

一般的には地域で特定することと料金で絞り込むことでそれなりに絞り込みができますが、実はデザイナーズマンションがたくさんある地域もありますので、それだけ絞り込んでもまだ絞り込みが足りない可能性があります。

そこで、それ以外の条件をさらに入れることで理想的なマンションを探すことができるようになるでしょう。

基本的には、駅からの距離や築年数などを見ていくと良いです。

特に築年数に関しては、予想以上に古いものもありますのでどこまで許容できるかが問題になります。

デザイナーズマンション自体はそれほど古くからあるものではないにもかかわらず、なぜ古い物件が存在するかというと築年数が20年以上の物件をリノベーションしてデザイナーズマンションにしているところが多く見受けられるからです。

古い物件に住む場合には、災害などの心配もありますので耐震性がしっかりしているところを選ばなければなりません。

築年数が20年程度では耐震性の問題は気にする必要がありませんが、築年数が40年を超える場合には旧住宅建築法に基づいて建築されている可能性がありますので、耐震性が弱い可能性があるといえます。

その場合には、耐震性の工事がされているかなどの情報が入っているサイトがあれば選びやすいです。

構造や設備などは、細かく書かれている賃貸情報サイトとそうではないところが存在しています。

そのためいくつかのサイトを比較しながら見つけなければなりません。