チャットでお部屋探しが出来るおすすめサイト!手軽に賃貸検索ができる口コミでも人気の賃貸情報サイトを比較ランキングでご紹介します!

通勤時間の目安からお部屋を探せる賃貸情報サイトが人気?


現在では、スマホ一つあれば様々なことを調べられるようになりました。賃貸も同様です。多くの賃貸情報サイトがあり、いろいろなキーワードで検索することにより、自分の希望に合ったお部屋を簡単に見つけることができます。その中でも通勤時間で検索する人が多いようです。

 

賃貸情報サイトとはそもそも何か

賃貸情報サイトは全国の部屋を探せるサイトになります。自宅にいながら希望する場所を選別できるので巷で人気を博しているサイトです。検索自体は非常に分かり易く、初めて利用する人に優しい作りになっています。具体的な場所がイメージできなくても、キーワード検索を導入しているので、気になる単語を複数入力することで今自分が気になっている部屋の情報を瞬時に見られます。部屋同士の比較対象も簡単に行えるのも大きなメリットです。ラインナップで周辺の部屋が出てくるので、その中から気になる物を一定期間おいておくことが可能です。

時間がない人にとって賃貸情報サイトを開けば気になる物件情報が瞬時に出てくるので、すぐに検討を開始できます。実際に行ってみないと分からないのではないかと不安に思う人も問題無い作りになっています。昔は掲載写真が少なすぎてデメリットになっていましたが、今ではサイトを運営する担当者が足を運んでいろんな角度や位置からカメラを構えて写真を撮るのでまるでそこに住んでいるかのような目線で部屋の情報を確認することが出来るようになりました。情報が細かい物ならストリートビューイング出来るようになっているので、わざわざアポを取らなくても部屋に訪れたかのような感覚で選択するので利用者にとっては満足度が高い機能になっています。

賃貸専門サイトなので比較的安い金額で家賃を払える物ばかりです。一定のレベルを超えた物件のみ掲載されているので利用者にとっては安心して選別できます。時間と手間を効率良く消費することにより選んだ物件はよりよい住み心地となるでしょう。

 

賃貸情報サイトで通勤時間の目安を知ろう

気になる部屋があるマンションやアパートを選別できたら、次の段階としてそこから仕事場へ通うのにどれくらいの通勤時間になるのかを考慮しなければなりません。仕事は毎日あるものなので、出来るだけ通勤時間が短いに越したことはありません。理由として賃金が発生しないからです。公共交通機関を利用して通勤するのであれば当然その時間は乗り物内に拘束されますし、ストレスが溜まり体に良くありません。不特定多数の人間と接することにより痴漢などに遭うトラブルを考えなければならないのを思うと、できる限り自動車での通勤を思い浮かべます。ただし、世知辛い現代社会で月々の自動車通勤でかかるガソリン代を丸々支払ってくれるホワイト会社はいくつあるでしょうか。結局の所自分が負担しなければならないことを思うと自転車か徒歩で通える通勤時間が一定の目安となります。

昔は不動産会社の担当者が足を使って実際に距離を測っていましたが、人によって誤差があり、お客さんにとってはさほど有力な情報ではありませんでした。この点賃貸情報サイトは担当者以外に口コミ情報が反映されているので、適宜有力情報がリアルタイムで反映されます。当然通勤時間の目安なども把握しやすい情報がひっきりなしに入ってくるので、賃貸希望者の年齢や性別に応じて近い口コミ情報を元に判断すればさほど誤差を感じることがありません。精度の高い情報を元に賃貸物件を取捨選択できるので、結果的に選んだ物に満足することが出来るのです。

家賃が安いだけでは固定客がつかずにすぐ飽きられてしまいます。上手に宣伝することが大切です。

 

通勤時間の目安はどのように表示されるか。

賃貸情報サイトではそれぞれの会社ごとにいくつかのが時間設定されています。最も分かり易いのが大きな駅や道路までのアクセスにどれくらいかかるかです。慣れていない人はここに注目しがちですが、それ以上に駐車場や駐輪場が完備されているかどうかがポイントとなります。バスや電車を用いて通勤しようと考えている人でも、出張や急に出動となったときに自由度の高い自動車での通勤が求められます。賃貸物件に駐車場が無ければわざわざレンタカーへ行って借りるところから始めなければならず、タイムリーに仕事をしている人にとっては時間を無駄にすることで逃す案件があるようなら後悔することになります。

自分がその場所に住んだとしてそこで終わりでは無く、住み続けることを想定してデモンストレーションすることが大切になります。一番良いのはその場所に住んでいる人に直接メリットとデメリットを確認することです。賃貸情報サイトなら実際に住んでいる人とのインターネット上での情報交換が出来るので、あらかじめ双方の面を知った上で契約するか決められる点が大きいです。もちろんデメリットはない方が良いのですが、人間同様完璧な部屋は一つもありません。人によって価値観が異なるので、ある人にはメリットであってももう一方の人にはデメリットとなることがしばしば出てきます。そんな時でも我慢できるレベルのデメリットかどうかを未然に判断できるので、住み続けてからの後悔が少なくて済みます。

サイトには簡単に登録ができるので、まずは利用してみて理想とする空間を探し出すことでよりよい住処を見つけましょう。