チャットでお部屋探しが出来るおすすめサイト!手軽に賃貸検索ができる口コミでも人気の賃貸情報サイトを比較ランキングでご紹介します!

賃貸情報サイトにはない未公開物件とは?

賃貸情報サイトを使えば自宅でくつろいでいる時に部屋探しができるメリットがあります。

サイト内で公開されている物件はすべてではなく、中には貸主の要望によりネットに情報が公開されていない未公開物件もあり、むしろこのような物件の方が多いと言われているのです。

公開されていない物件を見学する時には物件情報を持っている不動産会社に直接掛け合う必要があります。

 

そもそも賃貸情報サイトの仕組みはどのようになっているのか?

賃貸情報サイトは仲介業者が運営を行っているもので、大家さんから預かった部屋の情報をインターネットで公開を行って、部屋を探している人に対して情報提供を行うなどの特徴を持ちます。

部屋の持ち主でもある大家さんも仲介業者にマージンを支払い、借主を探してもらうため、実績を多く持つ仲介業者に依頼をするケースは多いのです。

不動産業界の中にはレインズと呼ぶ情報データベースが構築されており、仲介を受けた時にはレインズに物件情報を登録します。

この情報は全国各地にある不動産会社が情報を共有しているため、東京の不動産会社が持っている情報も、神奈川県や埼玉県の不動産会社がその情報をチェックしてお客さんに紹介することができるようになっているわけです。

これに加えて、ネットの中での情報公開は、より多くの人々に対して情報を提供できるメリットもあります。

賃貸情報サイトは、全国規模での情報公開サイトであり、東京に住んでいる人が九州の賃貸物件を検索することもできますし、九州に住んでいる人が東京都の部屋探しを行うこともできます。

但し、ネットの中で公開されている物件は、その不動産会社が持っている情報の一部に過ぎません。

これは未公開物件と言われている、貸主の要望などによりネット上に部屋の情報を公開していない、ネットでの公開が許可されていない賃貸物件です。

理由は様々ではありますが、ネットで公開すれば情報が全国規模で広まるなどの理由からも未公開にしているケースが多いのです。

 

未公開物件には掘り出し物も多くあります

ネットで物件を公開すると、現在住んでいる人に対して家賃差が分かってしまう可能性もあります。

例えば、1か月後に退去する住人には10万円の家賃で貸しているけれども、部屋の老朽化などに伴い、家賃の値下げを行って、8万円などの金額で次の入居者を募集したい時など、家賃が下がっていることを知られてしまう恐れもあるわけです。

また、ネットで物件の情報を公開すると言うことは、全国からのアクセスができるわけですから、情報を公開したくない大家さんにとってはあまり良いことではありません。

このような時には、大家さんからの要望に応えるためネット上では公開をしないケースがあるわけです。

また、ネットでの物件公開を行う時には様々な準備が必要になります。

部屋を貸したいなどの依頼を受けた後は、間取り図の作成や現地の写真撮影など色々な作業が必要になるので、すぐに物件情報をサイト内にアップできないこともあります。

ネットの中での情報公開は依頼を受けてから公開するまでに時間を要してしまうため未公開になっている賃貸の部屋も多いのです。

この場合は、大家さんからの要望というものではなく、時間の経過と伴に情報が公開されるため、更新された後であれば情報の閲覧ができます。

しかしながら、この間にもすでに借り手がついていることもあるので、ネットの中で情報が公開されたと同時に成約済みになることも少なくありません。

尚、不動産会社に直接依頼をすれば、このような物件情報も優先的に紹介してもらうことが可能です。

 

未公開の部屋を紹介してもらうためには?

ネットの中で公開が行われていない部屋の数は多いと言われています。

大家さんの希望もありますし、情報公開までに色々な作業が必要になってしまい、アップできない部屋も未公開物件に含まれて来ます。

このような部屋の情報は大家さんからの依頼でネットにアップされないこともある、時間の経過と伴にアップされることもあるわけですが、良い物件は借り手がつきやすいので、アップされた時には借り手がついてしまっているケースも出て来ます。

ネットでの部屋探しはあくまでも不動産会社選びにとどめておく、いい会社を見つけた時には直接不動産会社に希望を伝えれば、これからネットにアップしようとしている公開前の部屋情報を教えてもらえることもあります。

ネットを使えば部屋探しから契約まで完結できるケースもありますが、未公開物件が多いことを知っておけば、公開されている部屋と未公開の部屋を比較することも可能です。

尚、公開されていない部屋を見学するためには、情報を取り扱っている不動産会社に直接依頼をする形になります。

賃貸情報サイトは仲介をつとめている不動産会社が良心的な会社であるのか、何度でも部屋を紹介してもらえる営業マンがいるのか、評判通りの不動産会社であるのかを把握する時に使うのもおすすめです。

賃貸の部屋と言っても家賃が安いだけですぐに決めることができない人も多いなどからも、直接不動産会社に希望を伝えて、現在の物件情報を直接紹介してもらうのが良いでしょう。

 

サイト内検索
賃貸情報サイトランキング!
第1位 イエプラ
第2位 エイブル
第3位 イエッティ
第5位 レオパレス
賃貸情報関連コラム