チャットでお部屋探しが出来るおすすめサイト!手軽に賃貸検索ができる口コミでも人気の賃貸情報サイトを比較ランキングでご紹介します!

第3位 イエッティ

おすすめポイント月間80万人が利用している、不動産屋のWEBアプリ

3位にランクインしたのは、「イエッティ」という賃貸情報サイトもといアプリです。
イエッティというのはヒマラヤなどに住むと言われている雪男のことで、公式サイトを見てみるとかわいらしくデザインされた雪男がなぜかガッツポーズしています。

このイエッティ、私も実は友達から勧められたことがあって、そのときはいろいろあって使わなかったのですが名前だけは知っていました。
どうやらいろいろなところで宣伝を行っているらしく、「毎日新聞」や「産経アプリスタ」、「WBS」に「日本経済新聞」などなど、いろいろな有名メディアに取り上げられた実績があるのだとか。

そのため、今では月間利用者数が80万人を超えているそうです。
それほどまでに利用している人がいるということは、魅力的な特徴を持つサイトなのでしょう。

このイエッティを運営しているのは、同じく「ietty」という名前の会社。
不動産のほか、福利厚生事業も行っているようですね。
若い会社らしくいろいろな試みを行っているみたいで、たとえばこのアプリの機能のひとつとして、AIが賃貸を提案してくれるというサービスがあります。

本来人間がやっていたことをAIがこなしてしまうなんて、なんだかすごいと思いますよね!
このサービスがいろいろな媒体で話題になったのでしょうか?(とは言え、実際に自分で使ってみるといろいろ不満を感じました。それに関しては後述します)

ほかに特筆すべき点と言えば、サイトの見やすさ
どれがどこにあるのかさっぱり分からないデザインの賃貸情報サイトがある中で、ここまで見やすくて分かりやすいサイトはチェックする側としても時間がかからず目が疲れず、本当に助かります!
わずか3分で登録を行うことのできる「かんたん登録」もすごくいいですね!

チャットに対応してくれるのは不動産営業のプロフェッショナル

このイエッティを実際に利用した方の口コミを見てみると、チャットでのレスポンスの速さや提案件数の多さ、そして臨機応変さを評価している声が目立ちました。
物件の提案数には驚かされた
時間がない中引っ越しを間に合わせることができた
実際に内見(お部屋見学のこと)できるお部屋だけを紹介してもらえた
など、公式HPにはそのサービスのよさをほめる口コミがたくさん掲載されています。

どうしてここまで柔軟で優れた対応が可能なのかというと、どうやら対応しているスタッフにヒミツがありそうです。
こちらで調べてみたところによると、このイエッティのチャットオペレーターを担当しているのは、実際に同社で営業として不動産関連の業務を行っている社員なのだとか。
つまり、不動産のプロというわけですね。

賃貸情報サイトに限ったことではないですが、こうしたWEBサービスのチャットオペレーターというのはその分野にぜんぜん詳しくないアルバイトの人がやっているということも多い中で、きちんと知識のあるスタッフが対応しているというのはなかなかすごいことだと思います。

営業社員が対応しているということは、不動産会社の事務所で実際に窓口対応をしてもらっているのとほとんど変わりがありません。
わざわざ遠い場所まで足を運ぶなんてことをしなくても、このイエッティさえあれば不動産のプロフェッショナルに相談することができるというわけなんです!

それに加えて、物件見学の予約をすることもチャットだけで可能です。
ご希望の時間と日時さえ相談すれば、後はスタッフがその予定に合わせてくれます。
電話もメールもいっさい必要ないのですごくラクチンです。
イエッティさえあれば、今までのややこしくて面倒くさい賃貸マンション探しとはおさらばですね。

仲介手数料を半額にしてくれる!

実はこのイエッティを利用することで、意外と知られていない隠されたメリットを獲得することができます。
それは、仲介手数料についてです。

賃貸マンション探しをまだはじめていない、あるいはつい最近はじめたばかりという方は、この仲介手数料についてあまりよくご存じないかもしれません。
でも、必ず知っておくべきことですよ!

この仲介手数料というのは不動産業者が土地の持ち主と入居希望者をマッチングさせた際に請求してくる料金のことです。
要は「いい部屋を紹介したんだから『紹介料』をくれ」というわけですね。
これがなかなか馬鹿にならない金額です。
場合によってはこっちがひっくり返ってしまいそうになるぐらいのお金を請求されることだってあります。
この仲介手数料のおかげで泣きを見たという人、実は決して少なくないんです!

でも、イエッティはそんな仲介手数料が無料であると謳っています。
「いったいどういうこと?お金が取れなきゃ潰れちゃうんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、その心配は不要です。
なぜならイエッティは従来の不動産屋とは異なり、店舗を持たない形式のサービス
店舗を持つことにより発生するさまざまなコストをユーザーに還元することができるのです。

だから、イエッティはハイレベルなサポートを行うことができるとのことらしいです。

対応時間が22時までなので、なかなか使いやすい!

もうひとつ、イエッティの使いやすいところは、チャットの対応時間が22時までという点です。

2位にランクインしたエイブルの場合、チャットが19時までしか対応してくれませんでしたが、イエッティならば夜22時までちゃんと質問に答えてくれるのです。
日中働いている人、大学のサークル活動が忙しい人の場合、これはかなりうれしいんじゃないかなと思います。
私だって家に帰ってホッと落ち着くのはだいたい20時ごろですから……。

ただ、残業しがちな人の場合、これでもギリギリになってしまうことがありますから、できれば1位のイエプラみたく24時まで対応してほしいんですけどねぇ。

AIがあまりかしこくない!

そんなイエッティ、一見すごく良いように思えるのですが、試しに使ってみて「なんじゃこりゃ!」と思えるところがあったので、そこで減点させていただきました。

それは何を隠そう、目玉機能のひとつであるAIについて。
先ほど解説した通り、このイエッティはAIが賃貸を紹介してくれるというシステムを導入しているのですが、それがいまいちかしこくないんですよ。

こっちが「東京都内お風呂つき、インターネットのできる2LDKのお部屋を探したい」と入力しても、返ってくるのはいかんせん外観が汚かったりいかにも古臭かったりして、「これ本当にインターネットできるの?」というような物件ばかり。
いまいち人間のいうことを理解できてないんじゃないかなあと思いました。
アイコンがかわいらしいのはいいんですけど、ちゃんと答えてくれないと困ってしまいますよ。

「じゃあ使わなきゃいいじゃん」と思われるかもしれませんが、実を言うとこのイエティ、引っ越し予定日から45日以内でなければプロのオペレーターが対応してくれず、このAIに物件を探してもらうしか方法がないんです。

これなら、ほかのサービスを使った方がよい気もしなくはないような……?とりあえず、AIをもうちょっと勉強させてもっともっとかしこくしてほしいな、と個人的には思います。